ダウンタイムとは | 口コミでしか聞けない声がある!美容外科を選ぶ前にチェックしよう

口コミでしか聞けない声がある!美容外科を選ぶ前にチェックしよう

ダウンタイムとは

sexy girl

プチ整形がおすすめ

美容外科の用語として「ダウンタイム」と言う言葉があります。ダウンタイムとは、施術後、通常通り日常生活が送れるようになるまでの回復時間のことを指します。
美容外科の用語としてのダウンタイムには大きく分けて「痛み」「腫れ」「内出血」「抜糸」4つの意味があります。
口コミを見てみるとヒアルロン酸注入の豊胸手術を受けた人殆どの人は痛みを感じていませんでしたが、シリコンバッグを使用する豊胸手術を受けた人は痛みが伴ったという口コミが多く見られました。
ヒアルロン酸注入の豊胸手術は半年から2年ほどで効果が薄れてしまう可能性のある「プチ整形」になるので、その分ダウンタイムも短く気軽に行える美容外科メニューと言えます。
「腫れ」については顔の整形、口コミでも人気の二重まぶたの治療によく見られる症状になります。腫れについてはプチ整形の場合も出てしまう場合があり、これは患者の体質や施術する医師の技術力が大きく関係することになるので、施術前の入念なカウンセリングが重要であると言えます。
「内出血」は脂肪吸引に多く見られます。脂肪吸引のダウンタイムは約2週間ほど必要になります。顔の整形の場合も内出欠が起こる場合がありますが、極めて狭い範囲で起こるので、
口コミではコンシーラーなど化粧でカバーし、ダウンタイムを短くしていると言う人が多かったです。
「抜糸」に関してはプチ整形以外のほぼ全ての美容外科メニューにおいて必要な作業になります。施術後、約5日〜7日後に抜糸を行うことになり、この間はダウンタイム期間となります。
美容外科手術を受けた人の口コミを見ていると、プチ整形を受けた人は通常の美容外科メニューを受診した人に比べてダウンタイムが短いようでした。
効果が切れてしまうというリスクはありますがその分ダウンタイムも少ないので、悩んでいる人はプチ整形を検討してみるのも良いかもしれませんね。